愛知県でピアノの調律やメンテナンス、タッチ調整、修理

オーバーホールについて

オーバーホールとは・・・ピアノを全体的に修理・部品交換をして新品に近い状態にします
ピアノは楽器の中でも驚くほどの数(約1,000)の部品の集まりです。
しかし既製品は良い部品を常に使用しているとは限りません。
この部品の質、調整により、ピアノの音、タッチが大きく変わってしまう事を殆どの人は知りません。
内部はある意味でブラックボックスなのです。
オーバーホールを施して、ピアノ本来の機能を回復させます。

オーバーホールとは?

交換する部品のこだわり
この内部にこだわり最重要部品の弦・ハンマーを既成品ではなく、
ヨーロッパの高級ピアノに使用されている部品に交換して、
作業およびタッチ調整を施せば、新品を超えた澄んだより良い音と
タッチが得られるのです。
オーバーホールの意義
ピアノ本体の寿命は通常の扱いであれば80年はあります。
重要部品はプロ演奏家を除いて、30年前後です。
国内で昭和40年前後に購入されたピアノは、殆どこの時期に来ています。

また楽器業界は機械化が世界中で進んでいます。
ピアノの様に部品数が大変多く手間のかかる物は、
毎年より効率化が求められる品です。
機械化が進む事によって、新品製品の内部に大きな影響を与えています。

本物のピアノが得にくい現在、オーバーホールは
再活用の意味も含めて、大変意義のある事
だと感じています。
全塗装が行える設備
弊店は外装も全塗装が行える設備を持っています。
外装も新品同様に出来る技術がありますので、外観も損ないません。

↑このページのトップへ

ムラセピアノメンテナンス独自のオーバーホール手法

タッチ調整01
ご希望・ご予算を考えて部品を選定
使用する部品の選定です。
特にハンマーなどは国内外合わせて何十種類も
ありますので、ご予算も考えて、ピアノに合った最良の
タイプを選びます
タッチ調整02
弦は、ドイツのレスローを使用
使用する弦は必ず、ドイツのレスローを使用します。
国産メーカーがグランド高級タイプでも国産の安い弦を
使っているのは信じがたい事実です。
これでは楽器ではなく商品です。
タッチ調整03
巻線機の設備
全国でも巻線機を持つ修理店は数えるほどしかありません。
巻線は自身が勤務時代から培ってきた作成技術を持って
特別に作成
します。
クラシック音楽の基礎的な要素として、
一番大切なのは低音です。
巻線がピアノの中で担っている役割はとても大きい。
この音が特に良く響かなければ全体の音が半減します。

↑このページのトップへ

料金と流れ|オーバーホールの引渡しからお受け取りまで

オーバーホールA.(弦交換修理)
お引取り
ピアノをお引取りして修理、場合によっては塗装修理も行います。
修理の間、代わりのピアノをお貸しします。(運賃は必要になります)
オーバーホール作業
ピアノ解体、弦・ピン解体、ベアリング他錆び落し、内部清掃、
饗板フレーム清掃、弦圧調整、巻線作成、張弦作業、
本体組み立て、クロス類替、
アクション調整、整調、整音、調律、検査、出荷調律
(塗装、クリーニングがある場合、これらの作業が間に入ります)

【作業期間】1ヶ月前後
【料金の目安】\250,000〜 GPは\300,000〜(運送費別途)
オーバーホールB.(弦ハンマー交換修理)
お引取り
ピアノをお引取りして修理、場合によっては塗装修理も行います。
修理の間、代わりのピアノをお貸しします。(運賃は必要になります)
オーバーホール作業
ピアノ解体、弦・ピン解体、ベアリング他錆び落し、内部清掃、
饗板フレーム清掃、弦圧調整、巻線作成、張弦作業
本体組み立て、クロス類替、
アクション分解、ハンマー交換、ダンパー交換調整、
整調、整音、調律、検査、出荷調律
(塗装、クリーニングがある場合、これらの作業が間に入ります)

【作業期間】2ヶ月前後
【料金の目安】\350,000〜 GPは\400,000〜(運送費別途)

愛知、愛知県周辺でピアノの調律やメンテナンス、タッチ調整、修理のページのトップへ戻る