一つひとつに癖がある。それがピアノです。 ピアノメンテ一筋30年の村瀬が、長年の技術と経験で弾きやすいピアノを提供します。


ムラセピアノメンテナンス

〒459-8001
名古屋市緑区大高町字中道10-3
【TEL】052-624-9570
【定休日】日曜日・祝祭日
【営業時間】AM9:00~PM18:00
※調律に関しては日・祝対応可
詳しくは公式WEBサイトをご覧下さい。

カレンダー

2017年10月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

KAWAI US50 レスロー弦交換 2016年5月15日(日) 12:17

中古市場でもそれほど古いピアノではありません。 普通は弦交換、あるいはハンマー交換して修理する事はまずありません。 こちらはお客様の予算内で、出来るだけ良くしたいとの事でレスロー弦交換を ご希望されました、特殊な例といえます。

もっと古いピアノであれば弦交換もあり得ますが、これは楽器にかなり愛着のある お客様といえます。

この後、外装塗装、内部調整(タッチ調整)もありますので予算もあり かなり厳しいのですが、納期は7月ですので

そこの所は 楽ですが?

(写真の張弦は一部の調律師しか知らない特別な方法です)

DSCF1313

カテゴリ:作業風景

今年で独立して21年になります。しかし、なぜか次々と工場の機械が故障しました !

まず2月に塗装に使うエアードライヤーが壊れました。元々調子はいまいちで無理 やり使っていたのですが、限界の様です。新品では20万位しますが、予算ないので また中古をネットで買いました。5年位はもつようです。

3月には、加工室の排気ダクトのファンが、突然止まりました。大型の扇風機を窓から外に向けて一時をしのいでました。 しかしこれはブレーカ のスイッチの故障で 1万円ほどで済みました。

4月は車が9万キロをこえましたので、タイミングベルト交換で大変でした。ある所に出したのですが クランクのセンターボルトが外れないとの事、エンジンを降ろしても難しいとの事! どこに出しても 無理との事! そんなバカな! これは困りました! それこそ買い替え! 前から知っていたこの車の専門店を訪ねました。そしてあっさり取れたのです! この位は普通、もっと固い のがあるとの事でした。 前の店がうまくなかったのか良くわかりませんが、 私も勉強になりました。来年の車検ももちろんこの店でお願いする予定です。 少し遠いですが関係ありません。ピアノの作業と同じで、要は作業者の腕ですので、店の広告では分からない という事でした。

そして8月下旬、エアコンが停止、前からおかしい事もありましたが、だましだまし使っていました。 夏が終わる頃でしたので、助かりました。 温度センサーの交換のみで済みました。 6馬力ですので、30~40万は覚悟していました。これも20年近く経つ機械ですが、 逆にしっかり作ってあるので本体はタフとの事! まだまだいけるとの事でした。

そして間をぬうように、今度は自身の不調です。4月のある朝突然の鼻血、すぐ止まったので そのまま調律で三重県に出かけました。(しかし後から考えるとこれは危険行為でした) 2日後の夜、また突然の鼻血(この時は恐怖が走りました)、夜中もあまり止まらず、あきらめて (あきらめる事は大事です) 翌日病院へ。鼻の奥の粘膜の一部の血管が飛び出しているとの事。すぐレーザーによる灼熱手術と いわれるものでした。ここは 麻酔が効かないので我慢してくださいとの事! でたらめ熱いアイロンの先でジュージューと焼かれているような感じです。 生まれてかつてない痛みで、拷問の様な痛みでした。 先生が「気を失いそうになったら言ってください」!  (痛くて声出んわ! )      実際の手術は10分ほど。待ち時間も含め診察室に 入って1時間ほどですべて終わりました。もう来なくていいとの事! 簡単に完治です!  最初の出血後、運が悪ければ、お客様の家で出血、救急車を呼んでいた 可能性もあったのです。(知らないという事は怖いです)私は韓ドラが好きで拷問の場面が良くありますよね。イサン、トンイ、奇皇后、春のワルツ(これは違う) などなど。 しかし自分が拷問を受ける(少しオーバーですが)とは思ってもいませんでした。 しかし3回目のレーザーは少し神経が鈍ってあまり感じませんでした。 (神経とはうまく出来ているものです)

以上の事があり自分には大変でした。

しかしこれらの事は、すべて前ぶれにすぎなかったのです!

実は、秋に内臓の病気で計15日間入院したのです。 現在は完治です。(詳細は後日)

私も独立時の時とは年齢がちがうので、これからは健康にも注意が必要という事を今年は少し悟りました。

気分を変え、先日、バッハの無伴奏vn全曲演奏会に出掛けて来ました。 退院後、決めていた演奏会です。

これで今年は終わりです。

調律、修理のお客様、同業者の方々。有難うございました。

良いお年を。 (新年は5日から営業します)

 

151220_1246~01 聞きに行ったホールです。

 

カテゴリ:近況報告

臨時休業のお知らせ 2015年9月27日(日) 17:17

お世話になります。

誠に勝手ではございますが、都合により臨時休業させていただきます。

 

*期間 9/28 ~ 10/12

*電話は留守番電話になっております。10/6頃よりご返事できる予定です。

*調律、修理のご相談はお問い合わせのページから送信してください。同じく10/6頃よりよりご返事できる予定です。

宜しくお願いいたします。

 

カテゴリ:お知らせ

DSCF1223

中々、今年は業者さんの仕事が忙しくて3月位までは更新できません でした。 最近やっと自身の作業ができる様になってきました。従って5月の連休は休みありません。まあしかし適当には休みますが。

このUPの依頼主様は2台お持ちでして、もう1台はヤマハのUXの3代目位の品だったと思いますが 古いピアノの方が愛着があって、音が気に言っているという事でヤマハを他の店で売却されて オーバーホールの代金にあてがわれました。

レスローワイヤー、ムラセ巻線(デーゲン)、ディアマントのピン、アベールハンマー、など主要部品は外国製 他は国産製にしました。先日TVで鉄球を限りなく真球に近ずけて30メートル転がし、ドイツチームと競う番組がありましたが ドイツチームは負けましたが、音を心良く響かせる技術ははるかにドイツが上ですが、日本は独特の技術で精度をもっと 高めてほしいです。 というのは国産のシャンクはろくな物がありません。今回も苦労しました。 これは始終修理をしている者にしかわからないと思いますが、困ったものと思っています。

日本の木工の技術はありますが、後から変化しているのです。私が最初の修理を覚えた頃は90本入りのうち まあ5本は没でしたが最近はひどい1/3はパア 、シャンク殺しも安定しません。   家を建てる場合でも、昔の大工は将来の木の変化を考えて、1本1本柱を立てたものです。 硬貨が倒れない超高速エレベーター、地下50mを600キロで疾走するリニアなど高い技術は結構ですが 人が乗る、使うという事を忘れないでほしいですね。

 

カテゴリ:作業風景

交響曲第9番 2014年12月2日(火) 19:15

すでに今年も残り1ヶ月。とてもマメとは言えない更新ですが、閲覧される方の為にガンバリます。

最近では、秋に2台オーバーホールの仕事がありました。不思議と、2台とも50年以上前のピアノで、外装はこだわらないで、内部を良くしてほしいとの事でした。        年代的には小学生の子供さんを持つ親御さんですので、30才台の方でしょうか。    一般的には新品とか中古の高いのを楽器店を回って購入する方が多い中で、       こうした方々が見えるという事は、まだまだ日本の将来は別の意味で明るいと言えます。 さすがの私も外装はそのままでは忍びないので、最低限の外装の仕事は2台とも     させて頂きました。

12月となると第九の演奏会が多くなります。ピアノ関係者にはあまり関係がない曲の様ですが、やはり音楽の偉人が書いた曲を無視はできません。部分的で良いので、例えば「1楽章のここが好きだ」「3楽章の落ち着いたメロディがいい」「4楽章の冒頭が良い」とかなんでもいいので、関心を持つ事が必要と思われます。

ちなみに私は「4楽章のテノールが歌う部分と後に続くオケの古典的な対位法の部分です」

https://www.youtube.com/watch?v=RosefobmsMU (テノールの歌)

第九をソロピアノで演奏した動画(音のみ)が聴けます。カツァリスというピアニストです。何年か前に教育テレビでショパンの演奏指導をしていましたので、ご記憶の方も多いと思います。この人は他楽器のトレモロの曲をアレンジして弾いてたりして、ショパンとかベートーベン弾きの人が弾いて面白いのかなあ、と変わった一面もあるピアニストです。

https://www.youtube.com/watch?v=Ja7ZkvP8Nrk  (リスト編?)

 

カテゴリ:近況報告

▲Pagetop