一つひとつに癖がある。それがピアノです。 ピアノメンテ一筋30年の村瀬が、長年の技術と経験で弾きやすいピアノを提供します。


ムラセピアノメンテナンス

〒459-8001
名古屋市緑区大高町字中道10-3
【TEL】052-624-9570
【定休日】日曜日・祝祭日
【営業時間】AM9:00~PM18:00
※調律に関しては日・祝対応可
詳しくは公式WEBサイトをご覧下さい。

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

近況報告

オーバーホール ホリューゲル 2017年7月1日(土) 19:29

4月と5月は個人のお客様の依頼で、ホリューゲルピアノのオーバーホールで大変でした。

60年は経ているようでした

2年ほど前にやはり古い物でマイシュナーというピアノをオーバーホールしました。今回はそれよりかなり難物でした。

SB割れはひどく最初から2mmほど大きくあいているのが3本(後が見えました)、響棒はがれもひどく、かつて経験した中ではなかなかの物でした。幸いピン板は丈夫でディアマントピンがしっかり入りました。ウイペンはセンターピンは100本ほど交換で済みました。他はもちろん総換えで、ここが技術者としての腕の見せ所です。が以外とピアノに助けられた部分も多かったです。例えばバットスクリューは驚くほどしっかりしていて(これはマイシュナーも良かったです)もう一度交換できるほどの良い木材です。これがゆるいと他が良くてもどうにもならないのです。まあ書けば色々ありますが全体に割と癖がないピアノで、とても澄んだ音と軽めのタッチになり喜んで頂けました。 外装は気にされないという事でしたが、磨きで結構きれいになりこれも驚かれました。

 

2ケ月後完成して納めて、最近、納品して調律に行ってきました。 聞けば今度主に使われるお子さんは4代目になるとか。この様に大事にされる方が見えることは、修理屋にとってはうれしいことです。

ピアノ ホリューゲル

 

弱音機も取り付けました。 天白区に納品しました。

ピアノ ホリューゲル

 

カテゴリ:近況報告

ついに今年も終わります 2016年12月31日(土) 14:46

今年は11月がとても忙しく、他に考える余裕がなく過ぎ去り、ついにこの日を

迎える事になりました。

昨日、偶然bsフジでラトル指揮のベルリンフィルの第九演奏を見ました。1楽章の途中からでした。が驚きました!1楽章が終わるとcmになりました。かなり長く。まあこれも面白いとは思いました。3楽章から終曲は普通間を空けずに入るのでこれはcmは入りませんでした(当たり前!)

コンマスは若い人、隣の人はアバドの時のコンマスでした。年取ったなと思います。フルートにはパユがいました。この人はソロ活動が多くオケをやめたはずでしたが、復帰ですかね?まばらに日本人がいました。

しかしドイツの音楽ビデオは非常にこって作成してあります。カラヤンの時ほどではないですが、専門ディレクターがいて細かい音の演奏者をその場、その場映し出すのです。ほとんど年末でしか聞かない第九ですが、大体の音はわかっているつもりでも、改めてあそこはホルンが活躍しているんだと教えてくれています。本日はn響がtvで第九を演奏するようですが、どんなビデオになるかは大よそ見当がつきます!

今年秋にポップスの歌手ですが、ライブのビデオを見ました。1曲ごとに照明が変わり、すべて曲を熟知したかのごとく、曲間も見事で一気に60分が終わりました。クラシックもやりすぎてはいけませんが、これでは聴衆は増えんと感じました。

(1年後、ベルリンフィル来日するようです。らんらんがバルトークを弾くようです。らんらん嫌い、ポゴレリッチを呼べ!)

以上終わり。 良いお年を。

 

カテゴリ:近況報告

今年で独立して21年になります。しかし、なぜか次々と工場の機械が故障しました !

まず2月に塗装に使うエアードライヤーが壊れました。元々調子はいまいちで無理 やり使っていたのですが、限界の様です。新品では20万位しますが、予算ないので また中古をネットで買いました。5年位はもつようです。

3月には、加工室の排気ダクトのファンが、突然止まりました。大型の扇風機を窓から外に向けて一時をしのいでました。 しかしこれはブレーカ のスイッチの故障で 1万円ほどで済みました。

4月は車が9万キロをこえましたので、タイミングベルト交換で大変でした。ある所に出したのですが クランクのセンターボルトが外れないとの事、エンジンを降ろしても難しいとの事! どこに出しても 無理との事! そんなバカな! これは困りました! それこそ買い替え! 前から知っていたこの車の専門店を訪ねました。そしてあっさり取れたのです! この位は普通、もっと固い のがあるとの事でした。 前の店がうまくなかったのか良くわかりませんが、 私も勉強になりました。来年の車検ももちろんこの店でお願いする予定です。 少し遠いですが関係ありません。ピアノの作業と同じで、要は作業者の腕ですので、店の広告では分からない という事でした。

そして8月下旬、エアコンが停止、前からおかしい事もありましたが、だましだまし使っていました。 夏が終わる頃でしたので、助かりました。 温度センサーの交換のみで済みました。 6馬力ですので、30~40万は覚悟していました。これも20年近く経つ機械ですが、 逆にしっかり作ってあるので本体はタフとの事! まだまだいけるとの事でした。

そして間をぬうように、今度は自身の不調です。4月のある朝突然の鼻血、すぐ止まったので そのまま調律で三重県に出かけました。(しかし後から考えるとこれは危険行為でした) 2日後の夜、また突然の鼻血(この時は恐怖が走りました)、夜中もあまり止まらず、あきらめて (あきらめる事は大事です) 翌日病院へ。鼻の奥の粘膜の一部の血管が飛び出しているとの事。すぐレーザーによる灼熱手術と いわれるものでした。ここは 麻酔が効かないので我慢してくださいとの事! でたらめ熱いアイロンの先でジュージューと焼かれているような感じです。 生まれてかつてない痛みで、拷問の様な痛みでした。 先生が「気を失いそうになったら言ってください」!  (痛くて声出んわ! )      実際の手術は10分ほど。待ち時間も含め診察室に 入って1時間ほどですべて終わりました。もう来なくていいとの事! 簡単に完治です!  最初の出血後、運が悪ければ、お客様の家で出血、救急車を呼んでいた 可能性もあったのです。(知らないという事は怖いです)私は韓ドラが好きで拷問の場面が良くありますよね。イサン、トンイ、奇皇后、春のワルツ(これは違う) などなど。 しかし自分が拷問を受ける(少しオーバーですが)とは思ってもいませんでした。 しかし3回目のレーザーは少し神経が鈍ってあまり感じませんでした。 (神経とはうまく出来ているものです)

以上の事があり自分には大変でした。

しかしこれらの事は、すべて前ぶれにすぎなかったのです!

実は、秋に内臓の病気で計15日間入院したのです。 現在は完治です。(詳細は後日)

私も独立時の時とは年齢がちがうので、これからは健康にも注意が必要という事を今年は少し悟りました。

気分を変え、先日、バッハの無伴奏vn全曲演奏会に出掛けて来ました。 退院後、決めていた演奏会です。

これで今年は終わりです。

調律、修理のお客様、同業者の方々。有難うございました。

良いお年を。 (新年は5日から営業します)

 

151220_1246~01 聞きに行ったホールです。

 

カテゴリ:近況報告

交響曲第9番 2014年12月2日(火) 19:15

すでに今年も残り1ヶ月。とてもマメとは言えない更新ですが、閲覧される方の為にガンバリます。

最近では、秋に2台オーバーホールの仕事がありました。不思議と、2台とも50年以上前のピアノで、外装はこだわらないで、内部を良くしてほしいとの事でした。        年代的には小学生の子供さんを持つ親御さんですので、30才台の方でしょうか。    一般的には新品とか中古の高いのを楽器店を回って購入する方が多い中で、       こうした方々が見えるという事は、まだまだ日本の将来は別の意味で明るいと言えます。 さすがの私も外装はそのままでは忍びないので、最低限の外装の仕事は2台とも     させて頂きました。

12月となると第九の演奏会が多くなります。ピアノ関係者にはあまり関係がない曲の様ですが、やはり音楽の偉人が書いた曲を無視はできません。部分的で良いので、例えば「1楽章のここが好きだ」「3楽章の落ち着いたメロディがいい」「4楽章の冒頭が良い」とかなんでもいいので、関心を持つ事が必要と思われます。

ちなみに私は「4楽章のテノールが歌う部分と後に続くオケの古典的な対位法の部分です」

https://www.youtube.com/watch?v=RosefobmsMU (テノールの歌)

第九をソロピアノで演奏した動画(音のみ)が聴けます。カツァリスというピアニストです。何年か前に教育テレビでショパンの演奏指導をしていましたので、ご記憶の方も多いと思います。この人は他楽器のトレモロの曲をアレンジして弾いてたりして、ショパンとかベートーベン弾きの人が弾いて面白いのかなあ、と変わった一面もあるピアニストです。

https://www.youtube.com/watch?v=Ja7ZkvP8Nrk  (リスト編?)

 

カテゴリ:近況報告

なかなか更新が出来ませんでした 2013年12月8日(日) 18:29

今年もなかなか更新が出来ませんでしたが、お陰様でピアノ修理は毎月順調にあり、今月も何台か有りまして、何台かは来年にしてもらっています。暮の12/30にグランドピアノの出張修理が決まっていて、何日か前に鍵盤とアクションを引き取る予定です。結構忙しいです。

しかし今年は痛手もありました。巻線機が故障しまして結構な修理代が飛んで行きました。(その間注文された業者さんにはご迷惑おかけしました)

先日、86歳のブロムシュテットの指揮でN響の演奏をTVで見ました。指揮といい、歩く姿もとてもさっそうとして、まったく年齢を感じさせません。どうすればこう元気であれるのか、ただただ感心するばかりです。私の父もすでに他界しましたが、最期の1年は病院でしたが90歳まで生きました。父が86歳の頃を思い返してもブロムシュテットには及びませんが、きっと何か鍛錬をしていると思います。

今年も世間では妙な事件、事故が結構ありましたが、年の締めくくりは清く生きたいものです。

http://www.youtube.com/watch?v=MoGg1OWOy7Y(第一楽章の展開部の短調のメロディがとてもすきです)

 

私用

(どんなに忙しくても私用は忘れません! 人から頼まれたテーブルのような台)

 

 

カテゴリ:近況報告

▲Pagetop