一つひとつに癖がある。それがピアノです。 ピアノメンテ一筋30年の村瀬が、長年の技術と経験で弾きやすいピアノを提供します。


ムラセピアノメンテナンス

〒459-8001
名古屋市緑区大高町字中道10-3
【TEL】052-624-9570
【定休日】日曜日・祝祭日
【営業時間】AM9:00~PM18:00
※調律に関しては日・祝対応可
詳しくは公式WEBサイトをご覧下さい。

カレンダー

2011年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

2011年10月の投稿一覧

メーカーさんも大変なんです。 2011年10月22日(土) 17:31

 

グランドピアノ ペダル脚

最近修理したメーカーのペダル脚の裏部分です。
三つある赤いクロスは 突き上げ棒ガイトホールクロスと呼ばれ通常の作業ではほとんど触ることのない部分です。ここに赤い穴を通る金属の棒がはいります。

ペダル機能の部分としては、重要なところの一つです。
これが緩かったり、きつかったりしてもダメでクロスの交換は割りと難しいです。

問題はこの部分の木の塗装です。写真の様、つやが他の部分の様にありません。
古いピアノはこれがきれいに塗装されていて丁寧でした。

機能を果たせばそれでいいのではなく、見えない部分も丁寧にしてほしい物です。

(皆さんは私が修理のついでにこれをきれいに塗装すればいいと思っていませんか?
それは無理です。予算があるのです! みんなそんなところです。)

カテゴリ:作業風景

小沢氏 緊急入院! 2011年10月10日(月) 19:03

公設秘書3人の逮捕裁判、小沢氏の関与問題など相変わらずの情勢だが、ついに本人が入院した。やっぱりと思う人も多いだろうが、私はこれにより民主党は少し情勢が進展する事になると思う。過去の例で私の記憶に残っているのは自民党の金丸氏がやはり裁判中に入院、車イスに乗って裁判に向かう姿が印象に残っている。薬害エイズの安部氏も裁判中に入院。皆逃げ場が無くなるのか都合が悪くなるのか、ストレスで本当に病気になるのかわからないが、皆、当然おかしいと思っている。特に薬害エイズ事件は明らかに生命を奪う悪質な事件で陸山会の問題などこれに比べればまだましだ。陸山会はまだ償いができるが、人はもう戻らない。

同じ緊急入院でも、大変だ、大丈夫かなと心配させられるのが同じ名前でも指揮者の小澤氏だ。最近は波があるが調子がよさそうで、長く活躍してほしいと思っている人も多いと思う。事業仕分けで小澤氏が小沢氏に会いに行ったが、妙な気がしたのは私だけではないはずだ。 

小沢氏は東北の帝王と呼ばれるが、小澤氏は世界の小澤だ。              音楽の最高峰に立った唯一の日本人と呼んでいい。なにしろ本場ウィーン国立歌劇場の音楽監督を務めたのですから。これは他で例えれば トヨタ、日産、ベンツ、BMW,など大手すべての自動車会社の最高CEOになったのに等しい。                                                        (ちがうかたとえがいかん)

ところでオペラといえばピアノを勉強する人には関係がなく、歌手の物と思われますが大きな間違いです。作曲者にとってはオペラは最大の腕の見せ所なのです。     大きな曲、小さな曲、構成、歌、オーケストラ、舞台、演技などなど、音楽のあらゆる事が可能な曲なのです。例えば モーツァルトといえば、ソナタ、幻想曲程度で演奏会の最初、またはメインの前座程度にしか思われていませんが、彼の代表オペラ、魔笛、ドンジョバンニ は古今東西、数多いオペラでも最高峰に立つ傑作です。           このオペラを本当に勉強、理解したなら、モーツァルトのソナタを前座的に弾き流すことは絶対にできないはずです。

(もし弾き流す事ができる人はまだまだ音楽の初等科にいると思ったほうがいいです。恥ずかしい話ですが実は私も3年前にこの事に気がつきました。まだまだ初心者です)

また、話変わりますが、私のひとつの目標が松本の斎藤オケを聞きに行く事です。(10年以上前からですが)                                       斎藤オケも内部事情があり、だいぶ団員もかわりましたが、小澤氏の良い信念は伝えられていると思います。
今年も行けませんでしたが、来年こそは行こうと思っていますが。

 

グランドピアノの脚仕上げ  

工内にて作業中の筆者(本分内容と写真は関係ありません)

 

カテゴリ:その他

▲Pagetop